制作状況報告 2017年・春ノ巻

皆さま、こんばんは。蓮賀です。今宵もお越しくださって、ありがとうございます。

さて、お待たせをいたしておりました制作状況報告会、ようやく準備も整いまして、
公開の運びとなりました。それでは早速 参りましょう!

VX Ace製ホラーアクションゲーム 『鼈口飴』、ついにクリア!!!
 『鼈口飴』・幾多の死線をくぐり抜け…

 レトロで美麗!!
 だけど と~っても
 危険な異世界で・・・

 数々の摩訶不思議な
 体験と、幾多の死線
 をくぐり抜け・・・・・


 主人公ミツ、無事に “あるべき場所”落ち着きました!!
『鼈口飴』・ついにクリア!!
    ▲左上のうなだれてる女の子が、主人公のミツちゃん。簪(かんざし)
      職人を志すも、持ち前の負けん気の強さが裏目に出て、周りの人
      たちとの間に溝を生じてしまう。
      様々な体験を経て成長した彼女だが、兄弟子の清(きよし)、そして
      簪屋の女将さんと親方は、どう出るのか・・・???


 いやぁ~~、良かった良かった♪ 元々アクションもホラーも苦手なもので、
 リトライも多く時間が掛かってしまいましたが、なんとかクリアに至りました!

 もう全てにおいて 実に丁寧に作り込まれた秀作 だと思います。
 テーマも身近で、大切なことを再認識させられまし。出会えて良かった!!
 と思える作品でしたヨ。
 しげまろ+うーが(現、マウント バンブー ビレッジ)さん、
   ステキな一時を ありがとうございました<(_ _)>
 
 えッ? 何で制作状況報告で、フリゲのクリア話なんかやってんの!?

 実は、お礼と応援の意を込めて、感想コメント&イメージイラスト を用意中
 なのです。出来上がりましたら、ふりーむ! に投稿予定です(さすがに
 作者様に直接送りつける度胸はないのでね(^ω^;)


ツクールVX作品 『F』、第1章のイベント組み完了まで あと1歩!?
船着場・ビフォー
 最初はこ~んなに
 殺風景だった
 船着場のシーン。

 メインのイベントを
 先に組んで、キャラ
 の動きを決めてから
 小物ダミーを配置。


 そしてようやく 大砲と人足さんたちのダミー も揃って賑やかに♪
船着場・アフター
      ▲画面中央を歩いているのが、主人公アロンの親父のレオン。
        出航準備を進める、この探検船団の “提督” と言う設定。

 右下の “ずだ袋リレー” には すでに動きも付いているので、あとは大砲周りと、出航
 シーンのお見送り用モブキャラの設定を残すのみ。
 なんとか今月中に、第1章を脱したい ものです(^^)


不屈の親バカ企画 『魔法少女大戦 MPE Vol.3』、勝負は来年
MPE3 タイトルロゴ

 Vol.2の密漁船騒動とは
 打って変わって、

 今度は桜咲き誇る
 臼杵城址 が舞台!!


MPE3 下書き・桜の臼杵城址
 ・・・と言うワケで、今春公開を目標にしてはいましたが、とても間に合いそうにない
 ので、勝負は来年に持ち越しだなァ・・・。


リンク先紹介企画 SSBLBC Vol.6、引き続き 開催準備中!
 こちらも延び延びになってて申し訳ない・・・。第6回 ステキサイト・ブログ&
 リンクバナーコレクション、開催準備中です。遅くとも、来月の初旬には・・・。


もろもろの その他 のことも 少々・・・
 ・おそらく、皆さまの一番の関心事は “素材“ ではないかと思いますが・・・(・・;
  でも、ゴメンなさいm(_ _)m 素材制作に関しては、もう少しシッカリ固まってから
  お知らせしたいと思います。しばらくお待ちを・・・。

 ・『ポケ戦』 新シナリオ に関しましては、公式の発表をお待ちください。
  待ち遠しくはあるけれど、ここは 辛抱が肝心 だ。

 ・あ・・・、『シジンスターズ』 の楽器デザイン、全然やってなかった・・・orz


と言うところで、今回の報告は終了です。皆さま、ご静読ありがとうございました&
お疲れさまでした<(_ _)> 次は夏に行う予定です。さて、どこまで進むやら。

スギはぁ~過ぎたかぁ、ヒノキはぁ~まだ(終わらんの)かいなぁ・・・。
花粉症の皆さま、お大事に。私は、鼻の穴の中血まみれです。

では、また次回! (*^v^*)/


※『鼈口飴』 のスクリーンショットの掲載は、制作者様の定める利用規約に沿って行っています。
※「RPGツクール」シリーズは、株式会社KADOKAWA エンターブレイン ブランドカンパニーの登録商標です。
※「魔法少女大戦」「魔法少女大戦タクティクス」 ©2.5次元てれび/DMMゲームズ/GAINAX 
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

ぶらりフォト紀行 臼杵城址へ行ってきました! その五

皆さま、こんにちは(ホントは・・・)。蓮賀です。今日もご来庵、ありがとうございます。

図らずも とんだ長丁場になってしまいましたが(・・; ともかく歩を進め、「大門櫓」 まで
戻ることにいたしましょう。それでは、参ります!

さて、グラウンドの北西の端へ着くと、舗装された幅の広い道 が南西のほうへ伸びて
います。その入り口付近の南側にあるのが、こちらの石垣です。
№44・「上ノ門」跡の石垣
稲葉氏が入城してすぐに
設けられた 「今橋口」
ら、「二ノ丸」 中心部への
入り口となる 「上ノ門」
跡。
シッカリと組まれた石垣が、
キレイに残っていますね。

なになに? 場所が良く分
かんねぇ!ですと!!?


では、今回は撮影場所の絵図を先に載せておきますね。右上端№44の位置から
撮ったものです。ここが今回のスタート地点。矢印はレンズを向けた方向ね。
撮影場所・その五
 ※なお、掲載の写真は 傾きやコントラスト、色合いなどを微修正してあります。
   そもそも素人撮影ですし、逆光で暗い部分とか多かったもので・・・(^^;
   また、クリックで拡大表示もできますので、細部を見たいと言う方は お試しください。


№45・上ノ門跡より「着見櫓」の石垣を望む№46・「着見櫓」と「上ノ門」跡の間
№47・「着見櫓」石垣の西側の勾配

これらも上ノ門と、近くの 「着見櫓」
石垣を撮ったものです・・・が、なんか中
途半端な構図でスミマセン m(_ _)m

でもでも、着見櫓の石垣の、独特な勾配
はお分かりいただけるかと思います。



そこから少し進むと、北西方向へと下る道 が枝分かれしている地点に着きました。
№48・稲葉氏時代の登城路「今橋口」

ここが 「今橋口」 です。これまでにご紹介した公園内の写真に 自動車が写っていた
のをご記憶の方もおられるかと思いますが、ここがその進入路になっていたワケ。

この今橋口の登城路は、藩主の行列が通りやすく かつ 見栄えするように との
思惑があったそうで、当時から道幅は広かったようです。
乱世から天下泰平の世へ・・・。お城の役割も、戦のための城砦から、権威の象徴
しての意味合いが より色濃くなって行くのでした。


さあ! ここまで来れば、ゴールは目前♪♪ 舗装された道を、さらに南西へ進みます。
この辺りも 二ノ丸の北壁 となる高い石垣が続いていますね。
№49・「二ノ丸」北西部の石垣
★“フェイク石垣!? 防御力より、見栄え良く!!
実はこの近辺は、今橋口が作られたころでも まだ 岩肌のまま だったんだとか。
なるほど、17世紀前半の絵図にも 今橋口~会所櫓の辺りまで岩肌が描かれています!
二の丸の西側が完全に石垣化されたのは、17世紀後半~18世紀 にかけて。
実用的な目的ではなく、西側に広がる城下町から見て より城郭らしくなるように施した、
お化粧 のようなものだったみたいです(笑)。
崖の表面に、厚さ15cmくらいの 石材を貼り付けただけの箇所もある らしいですよ。


右手に市営弓道場が見えてきたころ、お寺の鐘の音が聞こえてきました。
・・・おや!? 音が少し高いですね。小ぶりの鐘が案外近くで鳴っているような気が・・・
と思ったら、その壱でご紹介した 「時鐘櫓」跡の あの鐘が鳴っているのでした!
しかも! 全自動(笑!!)で。これはビックリΣ(@Д@)

どうやら 正午の時報 のようです。古橋口から入ったのが10時ごろでしたから、
かれこれ 2時間ほど掛かったことになります。・・・お腹も空きました(^^;

№50・「大門櫓」へ戻ってきました!
  と言うワケで、ようやく
  大門櫓 まで戻って
  来ました!!

  皆さま、
  お疲れさまで
  ございました。

  &ご一緒いただき
  ありがとう
  
ございました!




さてさて、この後は丹生島の外周を一回り して撮った写真を紹介する予定でしたが、
どうもイマイチなんですよね。アップ過ぎて分かりづらかったり、ノイズが入っていたり、
肝心な所を撮り忘れていたり・・・。

そこで、後日撮り直しに行こうと思っています。もう一度見ておきたい箇所もありますし。
ちょうどこれから 桜の季節♪ お花見気分も良いかも~。
・・・・・。いや、やっぱ花粉が終わるまでは止めといたほうがいいかな(^^;


では最後に、とっておき?のプチグルメ情報をば。
外周を一回りした後、私は 臼杵市歴史資料館へと足を伸ばしたのですが、さすがに
腹も減った、喉渇いた・・・・・てなもんで、道すがらの 八丁大路商店街 で小休止。
かねてよりウワサに聞いていた 「味噌ソフトクリーム」 を食べてみました♪
鑰屋の「味噌ソフトクリーム」
本体は普通のバニラアイスですが、
トッピングに
  味噌クランチ
        味噌パウダー
使った変り種なのです。

さらに 特製味噌ソース
かけられていると言うコダワリぶり!!

独特の甘味と塩気が相まって、疲れた
体と心を癒してくれますヨ


そんな味噌ソフトは、「カニ醤油 鑰屋」さんで頂くことができます。写真のコーンタイプは
310円(※税込み 2016年10月末の時点)。
臼杵へお越しの際には、皆さまも話の種に お一ついかがですか?


さて次回は・・・
 『ポケ戦』の素材制作が一段落したことで、今まで止まっていたモノが動き始めています。
 と言うワケで、久々に 制作系の状況報告 を行う予定です。

※今回の記事の作成にあたり、城跡内の案内版、観光パンフレット、Wikipedia・臼杵城等の 
記述を参考にさせていただきました。ありがとうございました! 
web拍手 by FC2

ぶらりフォト紀行 臼杵城址へ行ってきました! その四

「卯寅口」から階段を登ってトイレの前を過ぎると・・・、こんな風景が広がっていました。

№32・「本丸」の東端

ここが 「本丸」 の東端です。木立との手すり向うに、かすかに水平線も見えています。
左側の葉っぱのない木の周辺が、下の案内図の右側にポツンとある楕円の草地
辺りになります。
本丸にも 御殿 が建っていたと思われますが、庭園の名残り・・・だったりするのかな?

臼杵城址・案内絵図
 ※なお、掲載の写真は 傾きやコントラスト、色合いなどを微修正してあります。
   そもそも素人撮影ですし、逆光で暗い部分とか多かったもので・・・(^^;
   また、クリックで拡大表示もできますので、細部を見たいと言う方は お試しください。


皆さま、こんにちは。蓮賀です(^^) 城址探訪も、早4回目回目。ようやく折り返し地点
に到達・・・と言ったところです。さあ、先を急ぎましょう! 目指せ、天守櫓跡!!

でもでも、せっかくですから高台からの眺めも ちょこっと楽しんで行きましょうかネ♪
№33・東端から海を眺める
城址の東側には、今ではこのように市街地が広がっています。少し南に目を向けると
(下段)、造船所のノッポなクレーンも見えます(臼杵は造船業も盛んなんですヨ)。

明治20年に周りが埋め立てられるまで、この丹生島は 文字どおりの “島” でした。
崖の真下まで波が打ち寄せ、南東の角には 「亀の首」 と呼ばれる細長い岩場が、
沖へ向かって伸びていた、と言われます。
戦国の世から変っていないのは、水平線と そこに浮かぶ島影、南東に見える山の稜
線・・・くらいでしょうかねぇ。


№34・洲崎口避難ループ本丸の北東の角へやって
来ました。
ちょっと変った構造物が
ありますが、これは「洲崎
口避難ループ橋」
おそらく、東日本大震災
の教訓を得て建設された
物と思われます。
そこからさらに、スロープ
を伝って本丸へ上がれる
ようになっています。


№35・本丸の北辺

本丸の北側を、さらに西へ進みます。古い絵図には、この辺りにも櫓が描かれています。


№36・本丸北西部から見る天守台

ふう・・・。ようやく本丸の北西部へたどり着きました。お! 左手には 天守台の石積み
も見えていますね♪ 中央部分を東西に走る部分は、当時の石垣が残っているのでしょ
うか・・・? その下の方は・・・これはブロックによる護岸のようですなぁ。
まあ、なにはともあれ、天守台のそばへ行ってみましょう!!

№37・天守台の石垣(北側)№38・天守台の石垣(西側)

左が北面、右が西面を撮ったもの。・・・なんかすっげえ坂道のように見えますが(^^;;、
地面も水平です。これで 高さは3mほど。でも、本来は7mあったと言うから驚きです!
空堀の底から測って、と言う意味らしいですが、それでも結構な高さはありますね。

臼杵城に天守櫓が建てられたのは、大友氏の改易後に入城した 福原氏の時代
本丸をこの東側に移し、二の丸となった 西部との高低差を補うため に、石垣を高ぁ
~く積み上げたのだとか。
そしてこの天守櫓の石垣は、城内に唯一残された 安土桃山時代の遺構 だそうな。
なんと! 九州では、肥前名護屋城に次いで古いもの だそうですよ。
それだけに、半分以上が失われ、残る部分もご覧の有様なのが残念でなりません。

では、一旦本丸へ戻って、天守台の上の櫓跡も確認しておきましょう。

つづきを読む…

web拍手 by FC2

ちょこっとだけベールを脱いだ、『ポケ戦』 新シナリオ!!


      !!

皆さま、こんばんは!! 蓮賀です。いやぁ~、驚きました! しばらく沈黙を守って
いた pocket-app公式ツイッター から、昨日、待望の新情報がッ!!!

しかも今回は、謎に包まれていた新シナリオの一部が、動画になって登場だ!!
何はともあれ、まずは一度 観てみてね♪

 アプリ・動画制作:pocket-app
    ※この動画にはBGMが付いています。再生の際は音量にご注意ください。
       ※小さくて申し訳ないm(_ _)m You Tubeでは、もっと大きな画面で観られます

ご覧のように今シナリオは、信長亡き後の混乱の中からスタートすることになります
(秀吉の狼狽ぶりからも うかがえますね(^^; )。

中でも、有力後継者となった羽柴秀吉、柴田勝家が雌雄を決する「賤ヶ岳の合戦」
にスポットが当てられ、これまでにはなかった演出やシステムが導入 されている
ようです!
マップに降る雪山岳戦をイメージさせる地形の描写、そして、20VS20部隊
による一大合戦 の再現・・・。

これらは今のところ、「賤ヶ岳の合戦」に限ったもの となりますが、公開後の評価
次第では、さらなる広がりを見せるかもしれませんヨ♪


そんなワケで、残念ながら 完成、発表までには まだまだ時間が掛かりそうですが、
皆さまに楽しんでいただけるよう、鋭意制作が続いております。
首を長あ~~くしてお待ちいただいている皆さまには大変申し訳ありませんが、どうぞ、
暖かく、そして 長あ~~~い目で見守っていただければ幸いです。

また詳しい情報が入りましたら こちらでもお知らせいたしますが、逸早く最新情報を
得たい方は、引き続き pocket-app 発信の 公式ツイッター にご注目ください。

ios用戦国シミュレーションアプリ ポケット戦国Ver 1.1.1 は、
                   App Store にて
             好評発売中!

メインコピー
          ※バージョンは 2016年12月6日更新時のものです。 

それでは皆さま、今宵はこの辺で。 今後とも ポケット戦国
お引き立てのほど、よろしくお願いいたします~<(_ _)>


※『ポケット戦国』 (c) pocket-app All rights reserved. 
※「自家製Rounded M+」は、M+ OUTLINE FONTS を自動処理で改変して制作されたフリーフォントです。
※今回の記事の作成、およびアプリ画像の掲載は、あらかじめ pocket-appの許可と確認を戴いて行っています。
web拍手 by FC2

tag : ポケット戦国

FC2拍手に関するお知らせ

皆さま、こんばんは。蓮賀です。お世話になっております<(_ _)>
突然ですが、ここで FC2拍手 に関するお知らせです。

2月21日・追記
 サポートから返信来ました。 丁寧なご対応、ありがとうございました<(_ _)>

2月20日・追記
 サポートからは何も言ってきてはいませんが、現在は以前のように
 お礼ページが表示される ようになっています。

 いったい何が原因だったのか・・・? まあ、いいか。
 さあ、皆さま、ガンガン拍手ボタンを押してくれてもいいのヨ(笑)♪

 お騒がせいたしました。今後ともよろしくお願いいたします<(_ _)>


**********************************

昨日、新しい記事に拍手のお礼ページを設定しようとしたところ、見慣れた
「ユーザーの拍手ページ」ではなく・・・・・

 Page not found
    ご指定のファイルが見つかりませんでした」


などと書かれた画面が表示されるようになってしまいました・・・ orz
あれこれ原因を探ってみたのですが、どうやら設定ではなく、システムの障害か、
あるいはブラウザの問題かもしれません。

せっかく マル秘資料 を UPしたのに・・・(^△^;


現在、FC2サポートに問い合わせを行っておりますので、結果が分かり次第、
この記事への追記にてご報告いたします。
皆さまにはご不便をおかけして申し訳ありませんが、しばらくご辛抱ください。

今後とも、「蓮賀庵」 をよろしくお願いいたします<(_ _)>

web拍手 by FC2
プロフィール

蓮賀まさとき

Author:蓮賀まさとき
 
「蓮賀庵」を営むヘタレな主。
ナントカの横好きで、チマチマと
創作にいそしむ小心者。

御文のあて先
御文のあて先
基本的に、リクエストは
お受けいたしておりません。
あしからず・・・m(_ _)m

★お願い★

当ブログに掲載の画像や、
記事などの無断転載、流用は
しないでくださいね。
「直リンク」も禁止です。

また、「素材配布」カテゴリ内の
素材をご利用の際は、使用要綱
を遵守してくださいますよう
お願いいたします。

★お知らせ★

本ブログは2012年4月28日より
「FC2アクセス解析」を導入して
おります。

本ブログは 以下のアフェリエイト
プログラムに参加しています。
(2016年1月17日現在)
・Amazomアソシエイト
  プログラム

「蓮賀庵」はリンクフリーですが、
相互の場合は 検討の上 お断り
させていただくこともございます。
あらかじめご了承ください。
リンクバナーはこちらの記事から
お持ち帰りください。

アクセスカウンター
最近の記事
最近のコメント
Amazon.co.jpアソシエイト

★お城へ行ってみよう!

★特集 『真田丸』!!
   ついに完結(T T)!!!

★あの名シーンをもう一度!

★あの名曲をもう一度♪♪

★関連書籍、グッズなど

 !?? なんじゃこりゃww

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ソクラテスの名言集
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク集
FC2拍手ランキング
Amazon.co.jpアソシエイト

★BGM素材を
   おさがしのあなたへ・・・

★ネーミング資料

★定番! ツクールシリーズ

★ウディタの本もあるヨ♪♪

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ