FC2ブログ

松の内が明けたと思ったら・・・

皆さま、こんばんは。蓮賀です。いやあ~、今日は寒かったですねぇ~!
今朝はこちらでもうっすらと・・・ですが雪が積もっておりました。
何年ぶりだろう、積もったのは。

あらかじめ気象情報で予想はしておりましたが、気温が下がるのが
思いの他早かったようで、寝る前に蛇口を緩めても、すでに水は出なく
なっておりました。この時、午前 1:00過ぎ。

出なくなったのは 屋根の上の温水器 の方で、幸いにも配管の損傷や
水漏れもなく、ボイラーを焚いて(もちろん夜が明けてからですが)
やることで無事に復活! 以前、低温によるサビの剝れ詰まり
経験した身としては ヒヤヒヤもの でしたが、まずは安堵、安堵。

この失敗を踏まえ、今宵は早めに蛇口を開いて明日に備えております。
さすがに破裂するような事態にまでは至らないとは思いますが、サビの
詰まりでも水は止まってしまいます
から油断はなりません。
さらに、こう言う時は水道屋さんもお忙しいでしょうからね。
自衛も大事かと・・・。

皆さまも、お気を付けて。それでは、また次回!

スポンサーサイト



web拍手 by FC2

セリフを変換! 親しんでみよう、大分弁♪ 第2回

皆さま こんばんは! 更新が滞ってしまいまして 大変申し訳ありませんm(_ _)m
予てよりのお伝えしておりました、まさか、まさかの 大分弁講座 (・・・ってほど
ではないけれど) 2回!をお送りしたいと思いますが、その前に・・・・・

先の台風による水害に遭われた方々に、心よりお見舞い申し上げます。
どうぞお大事に・・・(幸い、台風20号は離れて行くようで)。

昨今災害時のインタビューで、
 「何十年も住んでいるけれど、こんなことは初めてだ・・・」
と言った声を良く耳にするようになりました。
これまで大丈夫だったからと言って、油断はできませんね・・・。
少しづつでも備えをしておかなくては。皆さまもお気をつけて。


それでは、セリフを変換! 大分弁講座 (・・・ってほどでは やっぱりないけれど)
2回!、いってみたいと思います(よかったら 第1回 も読んでみてね!)。

と、その前にちょっとご注意。ここでご紹介する大分弁は、舞台の関係もあって
私の生まれ育った南部沿岸のものが中心となります。また、年代などによる違い
(若者は あまり使わないなど)もあることを あらかじめお含みおきください。

なお、本編公開時は 標準語表示、オンマウスで大分弁へ切換え の仕様で
掲載予定です。いきなり方言表示じゃ、読みづらいよね(^^;

ちゅうワケじ、最初にセリフが出ちくる こんシーンから始めちみようかのう。
    (と言うワケで、最初にセリフが出てくるこのシーンから始めてみましょうかね)
画像にマウスんカーソルを乗せると 標準語版に切り変るで。比べちみちな。
    (画像にマウスのカーソルを乗せると 標準語版に切り変るよ。比べてみてね)

謎の密漁船に関する目撃証言のシーンですが・・・
目撃証言の数々
 ・ポイント
  まずは一つ目の証言。・・・何か違和感を感じるとしたら、たぶん 「お盆ん」 の
  部分かと。大分弁では助詞の 「の」 を 「」 に言い換える・・・と前回お伝え
  しましたが、このような場合 「ん」 の発音は一回だけになりますね。短く
  のばす・・・感じかな(実際には 「の」 のまま話す人の方が多そうですが)。
  でも書くときはこうしないと、タダの 脱字 に見えちゃいますから(笑)。

  「おろいい」 は、“品質が劣る” が一般的ですが、地域によっては 「古い
  「性格が悪い」 と言う意味で使われているようです。

  お次は色に関する表現集をば。セリフ中の 「しれえ」 「あけえ」 はそれぞれ、
  「白い」 「赤い」のこと。
  その他、色の表現で変っているのは、「青い」 の 「あええ」 または 「あいい」、
  「黄色」 の 「きねえ」 があります。「黒い」 の 「くれえ」 には 「暗い」 の意味も
  あり、語尾を上げることで色と区別します。

  「し」 は 「」 を指します。「あんゃあ どこんな?」 は、 「あの人は どこの
  人だい?」 となり、「別府んじゃ」 などと答えます。

  「~ごたる」 は、「~ようだ」 「~みたい」 に当る 「~ごつある」 を縮めた
  言い方。大分県民は早口の人が多いらしいです(笑)。
 
  「ちっ崩された」 は、「ぶっ壊された」 となります。前回の 「」 を
  読んでいただけた方は、ご記憶にある・・・かな?
  頭に付ける “ち” は、バイオレンス系の言葉を強調するのでしたね。

★大分弁における 怒り の表現あれこれ。
 養殖生簀を壊されたおじさんのセリフにある 「はげたらしい」 は、「腹立たしい」、
 「悔しい」 と言ったニュアンスを持つ 「はげらしい」 の強意系。
 資料によると、強意と言うより “~とも言う” みたいな書き方をしているものもあり
 ますが、ここはやはり感情の度合いによって使い分けたいところです。

 他には、「はがゆい」 を意味する 「はがいい」 < 「はがいたらしい」、 「胸クソ
 悪い
」 に相当?する 「けたくそわりぃ」(「はがいったらしい!」 と同様、感情が
 こもると 「けったくそわりぃ!」 となる ・・・かも )があります。


お次は、豊海が由里姐さんのご活躍をイメージする このシーン。
風のウワサに…
 ・ポイント
  イメージを損なう恐れがあるので、由里姐さんのセリフは そのままですが、
  あえて、あえて変換すると、こんな感じになります。

  「地元を守るためん 能力なんじゃろ!?
   じゃったら 今使わんじ いつ使うんじゃっちゃ!!!」


  最後の 「~だっつーの」 は 「~だと言うんだ」 みたいなニュアンスですから、
  そのまま変換すれば 「~じゃっちゅうんじゃ」 かな。でも、“じゃ” が続きます
  ので、ここはあえて 「~だってば!」 的な強調表現である 「~っちゃ!」 を
  当ててみました。ただ・・・
  いつも必ず語尾に付けるワケではないので、ラムちゃんの 「~だっちゃ」 とは
  関係ねえっちゃ!(関係無いってば!)

  「ひんがいい」 は、「品が良い」 で 「カッコイイ」。言葉の響き自体はあまり
  カッコ良くはないですけどねぇ(^△^;
  「うっとう」 は 「私たち」 を意味する 「うちどう」 が訛った?もので、女性が
  使います。男性が使う 「俺たち」 は、「おいどう」。


物語はまだまだつづきますが、今回の講義はここまでにいたしとうございます。
次の方言集コーナー、大分弁 Vol.2 にも目を通しちょくれ。
ほいたら 行くけえ、 〔つづきを読む〕 をクリックしちくりぃ~。

つづきを読む…

web拍手 by FC2

そろそろ一度更新を・・・(^^;

一月も 早18日・・・(しかも! あと少しで また日付が・・・)。
いつまでも「謹賀新年」がTOPじゃカッコ付かないので、そろそろ更新をば。
とは言え、次の記事は まだ準備中。さて、どうしたものか・・・。

そうだ、今 巷での「表現の自由」をめぐる議論は、フランスの風刺画
発端だそうですね。
今宵はこれにちなんで、風刺関連のお話を一席、設けたいと思います。


権力を笑え!? 粋でお洒落?な日本流 “風刺術” ♪
 時は江戸時代初頭の1611年。徳川家康が京の二条城で、上洛した豊臣秀頼と
 対面した後のこと。洛中でこんな落首(作者不明の、政治や世相などを風刺した
 和歌)が聞かれるようになります。

  「御所柿は ひとり熟して落ちにけり
     木の下に居て 拾う秀頼」


 関ヶ原の合戦に勝利して江戸に幕府を開き、すでに二代目の秀忠に将軍職を
 ゆずっていたものの、当時家康は70歳を迎えていましたし、大坂城には秀吉の
 遺児である秀頼が健在。この歌は・・・

  「大御所(隠居した将軍の意で、家康を指す)は もう先が長くはないから、
     そう遠くないうちに天下は秀頼(豊臣氏)の元へ戻るだろう」

 ・・・といった意味になります。それにしても、老齢の家康を “熟した柿” に例える
 なんて、ナンと言うセンスの持ち主!!

 この時 秀頼は19歳。その立派な成長ぶりに、家康は不安を覚えたとも伝えられて
 いますから、思わず苦笑い・・・では済まなかったかも知れません。

 だからと言って、家康が(処罰するために)歌の作者を探させたり、言論の弾圧の
 ようなことを行ったと言うたぐいの話は伝わってはいません。
 天下人たりうる人物の器の広さか、はたまた アウェイの民衆を敵に回すのは得策
 ではないと言う計算からか・・・(もっとも、密かに探し出して闇に葬った・・・なんて
 ことも、なかったとは言い切れませんけどね)。

 それから 5年後の1616年、家康は 75歳でこの世を去ります。
 二度にわたる大坂の陣で豊臣氏を滅ぼし、徳川政権の基礎固めを終えてから。
 
 例の落首の作者が存命ならば、「自分の読みは甘かったか・・・」 と、苦笑したかも。


 この他にも、後醍醐天皇の建武の新政と、それに伴う世の乱れ、風潮などを批判した
  「二条河原の落書」 から、狂歌、明治期に流行った「オッペケペー節」、歌では
 ありませんが、戦時中のスローガンの一つ 「ぜいたくは 敵だ」 に“” の一文字を
 書き加える・・・みたいなものまで、痛烈な風刺の精神はしっかりと踏まえながらも、
 実にユーモアやウイットに富んだ様々な表現が 現代にまで伝わっています(まあ、
 そうでなくては何十年、何百年も残らないとも言えますが)。

 粋や洒落を愛し、風流や遊び心を好んだ日本人の成せる業・・・なのかもしれません。

 ―参考文献・サイト―
 児玉幸多 監修 『少年少女日本の歴史 12 江戸幕府ひらく』 1986年 小学館
 Wikipedia・狂歌Wikipedia・落書


ペンは剣よりも強し と言う言葉があります。
言葉や文章も、使い方一つで 銃や爆弾と同等、あるいはそれ以上の威力、影響力を
発揮するかもしれません。風刺画のような絵だって、もちろんそう。

確かに、権力による規制は好ましいものではないけれど、自由なのだから何でもあり
・・・と言うのもいかがなものか???

何事にも “限度” はあるはず。表現の自由が認められているからこそ、ある程度の
自制は必要なんじゃないかなぁ。線引きが難しいと言う問題もありますが、それを
意識しているか、そうでないかだけでも 結果は随分と違ってくると思います。

過ぎたるは 及ばざるが如し って言いますもの。ねぇ・・・。
別に脅しに屈して黙り込むワケではなく、言葉や表現を十分に吟味し、脅しの根拠に
なるような隙を与えないことも大事なのではないでしょうか。


さてさて、話は変って 最後にリンク関連のお知らせをば・・・。

 大変残念ではありますが、閉鎖されたと思われる 「白樺の国の小さな家」 の
 リンクを解除させていただきました。長い間ありがとうございました<(_ _)>


それでは、また次回! 今度の更新は、いったいいつになるのやら・・・(^^;
web拍手 by FC2

セリフを変換! 親しんでみよう、大分弁♪

どこか遠く~ 聞こえてくるの~♪ 聞き馴染んだ~ 大分弁 がぁ~♪♪

と言うワケで、皆さま こんばんは! のっけから失礼いたしました(^^;
色々あって またノビノビになっておりましたが、大分弁の講義(・・・ってほどでは
ないけれど)、いってみたいと思います。

一般的に大分弁は、他の九州各県よりも 中国地方(主に瀬戸内)の言葉に近いと
言われているようです。また、関西や対岸の愛媛県などと 一部似かよっていたりも
するようです。それから 荒っぽい怖い、といった評価も聞いたことがありますね(^^;
まあ、読むのと聞くのとでも印象は違ってくるでしょうけど。

ちゅうワケじ、こないだん豊海と魔ン坊くんのやり取りを、大分弁に変換しちみようかのう。
    (と言うワケで、こないだの豊海と魔ン坊くんのやり取りを、大分弁に変換してみましょうかね)
画像にマウスんカーソルを乗せると 標準語版に切り変るで。比べちみちな。
    (画像にマウスのカーソルを乗せると 標準語版に切り変るよ。比べてみてね)

と、その前にちょっとご注意。ここでご紹介する大分弁は、舞台の関係もあって
私の生まれ育った南部沿岸のものが中心となります。また、年代などによる違い
(若者は あまり使わないなど)もあることを あらかじめお含みおきください。

なお、本編公開時は 標準語表示、オンマウスで大分弁へ切換え の仕様で
掲載予定です。いきなり方言表示じゃ、読みづらいよね(^^;


まずはこのシーンから。
御先神の魔ン坊くん登場!
 ・ポイント
  「驚く」 「ビックリする」は、大分弁では「たまがる」と言います。
  ちなみに、「オブリガード」は大分弁ではなくて ポルトガル語

豊海、「魔法少女」にとまどう・・・
 ・ポイント
  大分弁では、助詞の 「て」を「」、「で」を「」、「の」を「」に言い換え
  ます。これはけっこう大きな特徴の一つだと思いますヨ。

  「あんな」 「こんな」 「そんな」 「どんな」 は・・・

  「あげな」 「こげな」 「そげな」 「どげな」 、または・・・
  「あげん」 「こげん」 「そげん」 「どげん」 となります。

  「あげえ」 「こげえ」 「そげえ」 「どげえ」 と言うのもありますが、こちらは
  「あんなに」 「こんなに」 「そんなに」 「どんなに」 と言った意味合いが
  強くなるかなぁ。ですので、この会話には 当てはまりませんね。

  ※「良い」はそのまま「いい」と言うのが主流のようですので、本編では
    「いい」で統一してます。私は「ええ」派なんですけどね(8月23日)。

豊海、やっぱり「魔法少女」にとまどう・・・
 ・ポイント
  「めんどしい」は、「めんどうくさい」・・・ではなくて「恥ずかしい」の意。
  ただ、最近の若者の間では 「めんどうくさい」の意味でこの言葉を用いる
  例も少なくないのだとか・・・。が、ハッキリ言って間違いです(´^^`;

お次は、海じじいとナマクラの登場シーンから。
海の物怪、海じじい登場!!
 ・ポイント
  出ました! 「よだきい」は、「かったるい」 「めんどうくさい」 「おっくうだ」 などを
  表す大分弁の代表格(笑)。相手に与える印象は すこぶるよろしくない。
  疲れている、体調が優れない時の表現は「だりい」 や 「きちい」 (それぞれ
  「だるい」 「きつい」 に相当)を用います。

  「どう」は「~たち」の意。記事の UP当初は「どお」と書いていましたが、「どう」の
  記述例の方が多いようなので修正しました(7月26日)。

  「ちっと」 は「ちょっと」。逆に「たくさん」 は「ようけ」。「サザエがようけ 取れたんと」

  「いびしい」は ズバリ! 「キモい」 「グロい」 に当ります。また、「汚い」と言った
  意味もあって、ゴキちゃんを ペシッ! として○○が出ちゃった時などに使用。

まだまだあるで! もうちっと 見ちみらんかえ?

つづきを読む…

web拍手 by FC2

ウェルズが思い描いた火星人とは?

皆さん、こんばんは。また来てくださって嬉しいですワ~<(_ _)>
それでは早速、昨日の続きをどうぞ!

ウェルズの “火星人”像
さてさて、タコのような姿と言うイメージを定着させたウェルズですが、
作中ではどのように描かれているのか、その特徴を挙げてみましょう。

火星人描いてみた!・直径 4フィートほどの丸い頭(胴?)の正面
 に 顔、後ろには鼓膜に相当する膜がある。

・煌々と輝く暗色の大きな目を持つが、鼻孔は
 無く、においは感じていないらしい。

・口は、くちばしのような尖った上唇?のある
 V字型をしており、アゴはない。

・皮膚は灰色がかった褐色で、濡れた革や
 菌類を思わせる “ヌラヌラ感” がある。

・口の周りに、ステッキほどの太さの触手
 8本づつ 2束になって生えており、手足の
 役割を果たす。

外見的な特徴はこんな感じです。創元SF文庫版には、ウォーウィック・ゴーブル
挿絵(初出の雑誌「ピアスンズ」のものを再録)が載っておりますが、これが・・・

 まんま タコ なんですねぇ(^^)
 違いと言えば、触手が細く、吸盤がないことくらい。

想像図などでは、この触手で直立した姿を良く見かけたものですが、地球は火星より
はるかに重力が大きいため、火星人たちは まさしくタコのごとく“這いずる”ような
動き方しかできなかったみたい。
そこで、有名な 3本足の機械兵器「トライポッド」の出番となるワケですが、これに
ついてはまた別の機会に・・・と言うことで。

そして! ウェルズの火星人には、タコとも我々人類とも決定的な違いがありました。
それは!! 消化器官が存在しないこと。

 消化器官が存在しないこと!!!

・・・火星人は胃痛とか腹痛とは無縁なんだ(そっちかいッ!!)。
まあ、それはともかく(^^; なぜかと言えば “食べない” から。

彼らは(主に)人間を生け捕り、吸血によって糧を得ていたのです。
しかも、直接血管に注射していると言うから、胃や腸は必要ないですわな。

※ちょっと補足
 “人間を生け捕り”は、もちろん地球へ来てからのお話。火星では、二足歩行の
 奇妙な生物
を獲物の一つとしているようです。
 彼らが乗ってきた「円筒」の中に その生物の遺骸が 2~3体づつ乗せられていて、
 地球へ着くまでの食料としていたらしい、との描写があります。

まあ、なんとおぞましいことか! しかし、ウェルズはここで・・・

 「われわれにとっては、考えるだけで胸が悪くなるような事実であることは
  疑う余地がないが、同時に知性を持つ兎にとって、われわれの
  肉食の習慣がどれほど厭わしいか考えてみるべきであろう


  (H・G・ウェルズ 著 中村 融 訳 『宇宙戦争』 2005 東京創元社 より引用)

と書いています。うぅむ・・・(´-.-`)


★遠い遠い? 未来に・・・
実はこの火星人、ウェルズが思い描いた未来の人類の姿を投影した
ものだったようで、作中でもそのことついてに触れています。
脳はどんどん発達して大きくなる代わりに、他の部分は退化。考えたことを
実行するために必要な手だけが、触手という形で残る・・・。

火星人は、人類に似ていなくもない生物の末裔なのだろう とも。

果たしてこれは、発達するに任せた文明環境に見事に適応した、究極の進化態
と言うことになるのでしょうか。
それとも、他者を顧みず、己が利便性のみを追求した末の 呪われた姿なのか。


さすがに食べる楽しみを放棄することは無いと思います(いやぁ、限られた
特権階級のみに許される贅沢・・・なんてことになっちゃうかも (´Д`; )けど、
現在の環境問題気象の変化、そしてなにより浮世の移ろいを見ていると、
あながち遠い未来の話とばかりも言ってらんないような気もしますねぇ。

皆さんは、どうお感じになられたでしょうか?

 ―参考文献―
 H・G・ウェルズ 著 中村 融 訳 『宇宙戦争』 2005 東京創元社

4月23日・人名のミスを修正。ウォーロック・ゴーブル → ウォーウィック・ゴーブル
        大変失礼いたしました。お詫びして訂正いたします。


さて次回は・・・
 20ごろに、一度状況報告を入れる予定です。
web拍手 by FC2
プロフィール

蓮賀まさとき

Author:蓮賀まさとき
 
「蓮賀庵」を営むヘタレな主。
ナントカの横好きで、チマチマと
創作にいそしむ小心者。

御文のあて先
御文のあて先
基本的に、リクエストは
お受けいたしておりません。
あしからず・・・m(_ _)m

★お願い★

当ブログに掲載の画像や、
記事などの無断転載、流用は
しないでくださいね。
「直リンク」も禁止です。

また、「素材配布」カテゴリ内の
素材をご利用の際は、使用要綱
を遵守してくださいますよう
お願いいたします。

★お知らせ★

本ブログは2012年4月28日
より「FC2アクセス解析」を導入
しております。

本ブログは 以下のアフェリ
エイトプログラムに参加して
います。
(2016年1月17日現在)
・Amazomアソシエイト
  プログラム

「蓮賀庵」はリンクフリーですが、
相互の場合は、検討の上で
お断りさせていただくことも
ございます。
あらかじめご了承ください。
リンクバナーはこちらの記事
からお持ち帰りください。

アクセスカウンター
最近の記事
最近のコメント
Amazon.co.jpアソシエイト

★ウディタ関連の本♪♪

★地図つながりで・・・?

★絵を描いて
   みたいあなたへ・・・

★BGM素材を
   おさがしのあなたへ・・・

★ネーミング資料

カレンダー
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
日々のつぶやき
検索フォーム
カテゴリ
リンク集
FC2拍手ランキング
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ